スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

再び咲き出したバラたち

 ついこの前までバラ天国だったのに今は虫天国になっておる。わーー・・・
そんななか再び咲き出したバラを。

アブラハム・ダービー Abraham Darby

ものすごく花つきがいいんだねぇ。近所に咲いているアブラハムもまたたくさんつぼみをつけていた。
咲き始めはちょっときつめだけれど、次第にこんな優しい感じに。

なかなか育てやすいバラかもしれない。まだ分からないけど。

ブラッシング・ノック・アウト Blushing Knock Out

知人にいただいたもの。ピンクの半八重ってすごく好き。
図鑑には「とても強い」と書いてあるのだけど、ほんと、そのとおり。
咲き始めはこんな感じだけど、次第に退色して優しいうっすらとしたピンクのなる。

バラたち

我が家の今年の春のバラは一段落。
ということで載せてなかった写真の中からいくつかを。

ピエール・ドゥ・ロンサール

この色合いがやっぱりすてきなピエール。いつか株を充実させてぎっしり咲かせたい。
株が充実すると返り咲くこともあるんだよね?
我が家のはたぶん春だけだと思うので今年はこれで終わり。来年の春にたくさん咲くよう
一年間世話をがんばろうっと。

シャリファ・アスマ

爽やかな香りが魅力のイングリッシュローズ。
わたしが初めて買ったイングリッシュローズがこのシャリファ。
いつまでたってもわたしの好みど真ん中。微妙なニュアンスの色合いがだいすき。


ロココ

今年はとっても元気にたくさん咲いてくれたロココ。
いいシュートを出してくれるといいのだけど。
ロココは返り咲くのでまだまだ楽しめるのだ。

グラミス・キャッスル

ものすごい数の花を咲かせたグラミス・キャッスル。
白いバラはこのグラミスとアイスバーグだけだけど、じゅうぶん。どっちもそれぞれうつくしい。
アイスバーグよりも花びらが薄くてふわふわふわわんなグラミス・キャッスル。

アンジェラ

去年あんまりにもびっしりと花がついてしまって大変だったので
今年は剪定をきつめにしてみたらいい具合に咲いてくれたアンジェラ。
緑の葉っぱとピンクの花の割合がすてきだった。アンジェラ、今年はだいすきになったよ。

春の開花が落ち着いたとはいえ、まだつぼみはちらほらあるし、これからは病気に虫にとよりいっそう目が離せないバラたち。
とげとげにぎゃっとなりつつ、ふいに目の前にあらわれる虫たちにどきもぬかれつつ
今度は秋に向けてせっせと世話に明け暮れるのだった。

ピエール、イングリッシュローズなどなど。

ピエール・ドゥ・ロンサール


時間がたつと退色して優しい色合いに。花びらは柔らかくてふわふわなのだ。

ヘリテージ

ふわふわふわわんなヘリテージ。花もちは悪いけど、花つきはよい。
育てやすいイングリッシュローズ。

アルンウィック・キャッスル

なんだかのぞきこみたくなるアルンウィック。

ブルー・マジェンダ

うーん、なかなか思ったとおりに咲かないブルー・マジェンダ。
来年こそは!
でも去年よりはたくさん咲いたよ。

ピエール・ドゥ・ロンサール などなど

ウィリアム・シェークスピアとアンジェラ


ピエール・ドゥ・ロンサール Pierre de Ronsard


我が家のピエールは去年の春前にやってきたものでまだまだ株は貧弱。
だけど今年はたくさんつぼみをつけてくれた。
頭上高くに枝を誘引したので重みによってうなだれている花を
見上げることができる。
ちょっと花びらのまきまきが少ない気がするけど、さすがに人気のあるバラだなぁ、とうっとり。
もっと株を充実させたい!

アブラハム・ダービーなどなど

アブラハム・ダービー

独特な色合いのイングリッシュ・ローズ。
今年の春前に我が家にやってきたので初めての花。
思っていた以上に大きな花!香りもよし。


アイスバーグ

わたしが一番最初に育て始めたバラのひとつ。
病気になりにくく花つきもよく育てやすいおりこうさん。
つぼみはほんのりピンク色。とろりとした白の花びらがすき。

ウーメロ

わたしが育てているバラのなかでももっとも手がかからないのがこのウーメロ。
とにかく強い。強すぎてちょっと困っちゃうぐらい。放っておくとどんどん立派な枝を
自由気ままに伸ばしていっちゃう。
でもこの花のなんとも言えない微妙な色合いが咲くとやっぱりうれしい。


左がロココ、右下がウィリアム・シェークスピア

ウィリアム・シェークスピアはイングリッシュローズ。
ウィリアム・シェークスピア2000というのもあるけど、うちにあるのは2000が
つかないほうだと思う。
花つきがよく、伸びてきた枝は細枝でもきちんとつぼみがつくおりこうさん。


コーネリア

わさわさ。ぎっしり。なにげに葉っぱが虫に食べられてる・・・。


アンジェラ

とんでもなく大量の花を咲かせるつるバラ。爽やかな緑の葉と
濃いピンクの小さな花との組み合わせはすてきなのだけど、
油断すると一面このピンクで覆われることになっちゃう。

ER(グラミス・キャッスル、アルンウィック・キャッスル、ヘリテージ)

イングリッシュローズが咲き出してる。
グラミス・キャッスル


アルンウィック・キャッスルAlnwick Castle

別名ジ・アルンウィック・ローズ
いい香りの四季咲きのアルンウィック。↑のはまだ咲きかけでよく分からないけど、
咲ききると花びらの見事な整列っぷりに毎度感嘆してしまう。

ヘリテージHeritage

つぼみ。今年のはなんでかオレンジっぽい色してる。

わたしはバラの中でもオールドローズとイングリッシュローズが特に好き。
イングリッシュローズは他のバラに比べて少々値段も高めだし入手しにくいことも
あってそれほど持っていないのだけど、バラ図鑑を見てはいつかきっと・・・と
夢ふくらませているのだった。
昨日はそんなイングリッシュローズが多く置かれている三越日本橋店の
屋上にあるガーデニングショプのチェルシーガーデンを覗いてきた。
ここはわたしがバラにはまり始めたころによく訪れていたところで、
わたしが最初に購入したイングリッシュローズであるシャリファ・アスマも
ここから迎えたもの。
久しぶりに訪れたチェルシーガーデンは花壇のバラも今が盛りで
売り物のバラたちもぎっしり所狭しと並べられていたのだった。
特にイングリッシュローズは実際には見たことのない品種もたくさん置いてあって
何周もうろうろうろついてはしあわせな一時を過ごしたのだった。
残念ながら我が家には新たなバラを迎えるのはスペース的に無理!なのは
分かりきっていることなので新しいバラを買うことはできなかったけれど。
あ〜ほんと残念。
帰ってからバラ図鑑を眺めつつしあわせなため息をつくのだった。



ロココ、グラミス・キャッスル

またもやロココ。


花の後ろがロココの枝。とげが立派ー。


グラミスキャッスルGlamis Castle

イングリッシュ・ローズ。四季咲き。細い枝にも花をつける。房咲きでひとつの花の
花もちはよくないけれど、次から次へととめどなく咲き続けるので長く楽しめる。
とにかく花つきのよさは抜群。
我が家のはうどん粉病になりやすい。


名前不明のハイブリッド・ティ

名前忘れてしまった・・・。
写真では分からないけど、かなり大きい花が咲いた。
我が家には珍しい(もしかしたら唯一かも?)ハイブリッド・ティ。


ロココ

つるバラのロココ
咲く時期によっても違うけれど、咲き始めは濃いサーモンピンク。
それが花開いてゆくにしたがって徐々に退色して優しい淡桃色に。
花びらは少なめでゆるく波打っている。花もちがよく、長く楽しめる。





枝が太く立派で冬の誘引には苦労するけれど、葉もじょうぶで病気にも強い。
育てやすくおすすめのつるバラ。


イレーヌ・ワッツ、コーネリア

イレーヌ・ワッツ

去年の今頃、新苗で我が家にやってきたイレーヌ・ワッツ。
まともな花を見るのは初めて。思っていた以上に大きく立派な花が咲いた。



コーネリア





マダム・アルディのつぼみ

一季咲きのマダム・アルディ。我が家にやってきたのは去年の秋ごろなので
花を見るのは初めてとなる。わくわくどきどき。
それにしてもつぼみ、ふさふさしてるよ。なんとも個性的。かわいい。

アリスター・ステラ・グレイ

 Alister Stella Gray