スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

布団カバーを洗う

ある晴れた日、布団カバーをひっぺりはがして洗うことに。
ふだんこの布団の上が定位置のおじょうさん、カバーをはがされるとどうも落ち着かないらしくうろうろ、うろうろ。
しょうがないので私の寝間着を布団の上に置いておいたらあんのじょう、これ↓。



手でひっかいたりしてぐちゃぐちゃにした寝間着のうえにどしーんと乗っかるおじょうさん。



まぁ、これで落ち着いてくれるならいいです、そこでおとなしくしててください。
しばらく放っといて戻ってきたらなんだかおかしなことになっていた。






わかります?寝間着の袖の部分から上半身出してるの。
なんでこんなことに?きつくないの?
この状態ですやすやすやすや寝息までたててたおじょうさん…



そしてさらにその後はこうなってた。
しばらくこの状態で過ごしてたおじょうさん。夜には洗濯してきれいになった布団カバーをふんふんふんふん確認してから再びぐっすり眠ったのでした。
 

風が吹く






5月の風が吹く。

 

朝のくいー

朝のくいーーー



足をくいーーー



そしてごろん



そのまましばしボー・・・



朝のおじょうさんでした。

 

外を眺める

外を眺めるおじょうさん。








 

---






 

ごろんぱー









いっしょにごろごろ転がってごろんぱー、朝の日課です。
おじょうさんはざぶとんの上。
わたしは床にじかに転がって。
おじょうさんのほうがえらいので当然なのです。

 

お顔だけはやる気満々。





目はきらきら鋭く、おひげもぴーん、お口もやる気まんまん。
ものすごーく真剣です。
態勢はだらーんだらけてるくせに、お顔だけきりり。これがおじょうさんのいつもの姿なのだ。

 

たんじょび

最近のおきにいり。



今年のマイたんじょびに届いた、しんあいなるともからの贈り物。

ひとめみて思った。このカエル、わたしのことだろ、オイ。

それ以来ずっとこれを見てはウフウフしているのです。

 

---










 

見上げる 1



見上げた先は私の左手。とびかかる直前のこのお顔。