スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

「カピバラ」「アルパカ」

渡辺 克仁
東京書籍
(2008-06)

 イライラしていたり、落ち込んだりしているときに開くのがこの二冊の写真集。
「カピバラ」と「アルパカ」。
どちらも見ているうちにニヤニヤしてきて、そのうち思わずプフッと吹き出しちゃう写真集。

私は昔っから動物園に行ったら必ずカピバラを見るというのを密かに決めているぐらい地味ーにカピバラ好きなのだけど、そのカピバラ好きを一気に燃え上がらせてくれたのがこの写真集。
だってかわいすぎるんだもの!全ページどの写真にもハズレなし。カピバラ好きのツボをつきまくる写真満載。きっとカピバラなんて微塵も興味のなかった人にも効くはず。今度友達に見せてみよ。
私が知っている上野動物園のカピバラは他の動物といっしょに飼育されていたのだけど、結構そういうところは多いのか、例えばうさぎとカピバラ、鳥とカピバラ、なんて組み合わせの写真もある。これがまた可愛いんだ。鳥を背中に乗せてたり並んで日向ぼっこしてたり。
後半部分に載せられているカピバラ情報もなかなか興味深い。動物園のカピバラは「欲望の赴くままに、好きなことをして生きています。」なんて一文にくすり。確かに私の知るカピバラはそんな感じ。オスとメスの区別の仕方なんてのも載っていて(オスは鼻の上に黒いでっぱりがあるんだって)、へへーと感心しちゃった。次に会いに行ったら絶対確認したい。
最後にはカピバラに会える動物園の一覧も掲載されているのだけど、カピバラに触れるところもあるみたいでさらにわくわく胸弾む。いつかきっと!!!!

もう一冊のアルパカも楽しすぎる写真だらけ。アルパカってなんでこんなに個性的で魅力的なんですかね。ほんと、それぞれ明らかに違うんだもの。普通こういう動物って見慣れてないとなかなか個体区別できないものじゃないのかしらね。しかも見てるとそのへんにいそうな気になってくる。隣に住んでるおじさんとか。さっきすれ違った高校生とか。そんなふうにも見えてきて。不思議すぎる、アルパカ。何度見ても見飽きないです。

スポンサーサイト

It comments.