スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

若竹七海さん

好きな作家さんはたくさんいるけれど、これほど新刊を待ち望んでいる作家さんはほかにはいない。それが若竹七海さん。
なぜなら長いこと新刊が出版された形跡がないからだー。もう!
おまけに古いものになると絶版で手に入れられないものまである。
既刊はほとんど手に入れて読んでいるけれど、それでもいくつか見つけることができていない。あーくやし。
すごく人気のある作家、というわけでもない(たぶん)から情報も入りにくいし。
でもわたしは若竹さんがだいすきなんだー。
そんな若竹さんが今年、「暗い越流」で第66回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞していたことをついさっき知った。
すごいうれしい!受賞した、ということではなく、新しい話を書いてたということが知れてものすごくうれしい!!
若竹さんの小説がもっと読みたい。もっともっと読み続けたい。特に架空の街「葉崎」を舞台にしたもの、そして葉村晶を主人公にしたシリーズの新作が読みたい!!!!新刊楽しみにしてます!お願い、早く出してー。

若竹七海さんの著作でどれが一番好きかは選び難いのだけど、たぶん一番最初に読んだのがこれ。↓。架空の街「葉崎市」を舞台にした一作。

スポンサーサイト

若竹七海の新刊出てますよ〜

わたしも3月に出た若竹七海さんの新作『暗い越流』を読みました。
皆さん言われているように久々の葉村晶ですし、黒くてちゃんと若竹七海、でした!

若竹七海さんを作家として才気を活かしている 今後に期待なんて書いてある記事を見つけましたよ。
http://birthday-energy.co.jp/
  • ひらりん
  • 2014/04/27 1:45 AM
ひらりんさん、若竹さん情報ありがとうございます!
新刊出てたのですね!さっそく本屋で探してみます。
「黒くてちゃんと若竹七海」の言葉ににやにや。楽しみです。
  • あわ
  • 2014/04/29 6:48 PM

It comments.