スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

春のてぬぐい

早くも春のてぬぐいを飾っています。

かまわぬのてぬぐい。
春の野の花が描かれている。
ひとつずつ、指をおりおり名前をあげていくのも楽しい。
たんぽぽ、はるじおん。しろつめくさに、ほとけのざ。すみれ、ははこぐさ。それから、なずな、いぬふぐり。かなあ。たぶん。あ、でもひょろっとしてるのもある。あれはなんだろう。


この左上のほうにある(しろつめくさとすみれの間)さかさまになっているひょろりとしたもの。花ではなく穂?みたい。なんだろう。

スポンサーサイト

ひょろりは、「スズメノテッポウ」じゃないかねぇ。

小学生のときの帰り道、笛にしてピーピー鳴らして楽しんだ記憶があるぞよ。

野の花のてぬぐい、すてきねぇ!
スズメノテッポウ!!
母がそれだーと言っておるよ。
わたしは聞き覚えがないのだけど、母はやっぱりそれでこどものころ鳴らして遊んだらしい。
スズメノテッポウ!すごい名前だねぇ。
ちなみにわたしが子どものころ遊んだのはなずなだよ。わたしはぺんぺん草と呼んでいたけど。子どものころに読んだ本にはこのなずなが「おばばのしゃみせん」って呼ばれていてそれが強烈で覚えているなー。
野の花ってたのし。最近みょうに興味津々よ。
  • あわ
  • 2012/02/15 9:28 PM

It comments.